2002年10月01日

2002年07月01日

2002年04月01日

2000年06月01日

異見あり―脳から見た世紀末

異見あり―脳から見た世紀末
養老 孟司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

週刊文春に連載されたコラムを収録。
1タイトル4,5ページと、かなり短い文章で構成されており、サクサク読めるが個人的には内容的にもう一歩踏み込んでほしいと思う部分が多かったです。
細かい解説を省略された先生の持論が登場する場面も多いので、他の著書で「養老論」の基礎を得た上で読まれるのがいいかと思います。
内容は「異見あり」の通り(?)、時事ネタなどに対する養老先生の「フツーの」意見。
単行本のカバーには中央公論連載「鎌倉傘張り日記」のタイトルのゆえんともなった「標本作りに用いる為の三角形の紙」の写真がはっきり写ってます。

文庫本も出ています。
posted by とりさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  著書の紹介 [2000-2002年] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。