このサイトでは、解剖学者である養老 孟司(ようろう たけし)先生に関する情報を発信してゆきます
・右のカテゴリーリストからご希望の項目を選択してください

2004年11月25日

養老先生の著書が1円から!?

Amazonのマーケットプレイス(個人出品の中古品)を見てみると、なんと養老先生の著書が1円から売りに出されてるではありませんか。今まで気づきませんでした。

現時点では「涼しい脳味噌」「続・涼しい脳味噌」が1円から出品されています。
ただし注意しないといけないのは、マーケットプレイスの古書は送料が「商品毎に340円かかる」という点です。上記の2冊を購入すると合計で682円になっちゃいます。

結構高くて手が出なかった本などを買った方がいいみたいですね。
posted by とりさん at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

広報誌「未来創発」 知の最前線から

http://www.nri.co.jp/publicity/souhatsu/vol11.html

野村総合研究所の広報誌「未来創発」のバックナンバーに養老先生のエッセイあり。
PDFファイルがタウンロードできます。
posted by とりさん at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

World Explorer 養老孟司「ひとと動物のかかわり研究会」

http://japan.discovery.com/we/index.html
アニマルプラネット・ディスカバリーチャンネルのWEB限定コンテンツサイト「World Explorer」。第一回目に養老先生のインタビューです。
posted by とりさん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

【インタビュー】医者と患者の壁 養老孟司氏

http://www.orca.med.or.jp/info/jpn/jpn_2003-11-04_01.html
日本医師会のメールニュースみたいです。よく著書に書かれている「インターン時代にほとんど医療ミスで人を殺しかけた。だから解剖に進んだ。」という事の詳細が書かれています。なるほど、過去にこんな事があったんですねぇ…
posted by とりさん at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新春対談 混迷の次代を生き抜く 仏教の智慧

http://www.bukkyo-kikaku.com/no_87_3.htm
 「仏教企画」サイト内にある養老先生と佐々木宏幹氏の対談です。
posted by とりさん at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道心臓協会市民フォーラム2004 講演「頭の健康、身体の健康」

http://www.aurora-net.or.jp/life/heart/kouen/87b/index.html
2004年3月に札幌道新ホールで開催された市民フォーラムでの講演を書き起こした講演録。実に7ページに渡る大作です。スバラシイ。
posted by とりさん at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

Mainichi INTERACTIVE まいど!!大阪 「毎日21世紀フォーラム」第30回例会

http://www.mainichi.co.jp/osaka/wukansai/21cen/200430/001.html
「一億総作文時代」という表現は面白いなぁと思いました。ちなみに、「若者のメール」の事です。
posted by とりさん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。